データ入稿について

 

1. 入稿データを作成する

Illustrator、PhotoShopのデータに対応。InDesignはPDFデータのみ対応。Wordでのデータ入稿も受け付けていますが、別途変換料が必要となるためPDFでの入稿を推奨しています。詳しくは下記をご確認ください。
 
受付可能なアプリケーション・データ形式一覧
 
当社で印刷可能かどうかのデータチェックを行い、問題点が発見された場合はお客様に修正していただき再入稿となります。再入稿は納期に遅れが生じる事がございますので、データに不備がないか十分にご確認ください。
 
データ作成時の注意点
 
 

2. 出力サンプルを作成する

入稿の際はデータの内容確認のために「入稿データ」と一緒に必ず「出力サンプルのjpg画像」を添付してください。
細かな文字や色等の内容まで含めたチェックではありませんので、サンプルとデータの内容に相違がありましても、基本的にはデータ優先で進行致しますので予めご了承下さい。

     

  • PDF入稿の場合は出力サンプルは不要です。
 

3. データを圧縮する

入稿の際はデータの破損を防ぐため、データをZip形式に圧縮してお送り下さい。
 

Macintosh OSXOS標準機能での圧縮でお願いします。
WindowsLhaca

 

  • 圧縮ファイル名は必ず半角英数字で付けてください。
  • Windowsでの推奨圧縮・解凍ソフトLhacaのダウンロードはこちらから。
 

4. データを入稿する

メールに添付(~5MB)

info@harata-print.net宛にデータを添付(5MBまで)してお送りください。
メールの件名欄には「出力依頼」、本文には「氏名」「団体名・会社名」「電話番号」「仕上がりサイズ」「仕上がりカラー」をご記入ください。
 

ファイル転送サービスを利用

下記のファイル転送サービスを利用し、アップロードした先のアドレスをinfo@harata-print.net宛にお送りください。
メールの件名欄には「出力依頼」、本文には「氏名」「団体名・会社名」「電話番号」「仕上がりサイズ」「仕上がりカラー」をご記入ください。
 

Fire Storage登録不要、2GBまでのデータ送信可能
宅ファイル便登録必要、50MBまでのデータ送信可能